妻を好きすぎるオトコのブログ

妻と仲良くいつまでもやっていきたいから努力していること実践してみようと思うことをつづります。

オンナの魅力とは

目を引く美貌?大きな胸?綺麗な脚?優しい心?

何とも言えない魅力を持った女性はそういった物では表せない何かを持っています。はっきりとは言い表せないそんな女の魅力を持っているのはどんな女性でしょうか?それはあるがままの自分に満足し、人の意見に自信が揺らぐことのない女性だと言えるのかもしれません。

ルックスは関係ありません。美人でもフラれる人は大勢います。知識も関係ありません、並外れた頭脳の持ち主であろうともIQが植物並みの女性だろうとうまくいっている人は言っています。秘訣は謎を持つことと相手のs興味をそそる術を学ぶことです。

アナタが鋭さを失えば、二人の間にある恋の穂脳波消えてしまいます。彼がマッチならあなたはマッチ箱の横の火をつけるところです。やすりの表面が取れてザラザラが亡くなってしまったら、前よりも火が付きにくくなるのと同じです。

 

例えば彼が『ちょっと考える時間をくれないか?』といったとしましょう。けなげな女性ならこう答えるでしょう。『お願い行かないで』でも魅力を持った女性は違います。ビッチな女性なら彼の荷造りを手伝ってあげるでしょう。

これは彼女は自分を愛しているからにほかなりません。

自分を必要としない人に用はありません。だから彼の脚にしがみついて追いすがることもないのです。どんな時でも強さを失いません。そしてそれこそが、彼にはなれる気持ちを起こさせないのです。

『私はアナタにそれほど固執していない』『私はアナタをそこまで必要としていない』『アナタに私のすべてを渡さない』彼女はそんなオーラをまとって二人の関係の主導権を握ります。それもいとも簡単に。このたやすい感じが彼女のえもいわれぬ魅力となりうるのです。

 

電話をしている時、そばにいる彼に構わないでいると彼がいきなり首筋にキスをしてきたりしてアナタの注意を引こうとしたことはありませんか?無視すれば彼は明日マスあなたに惹かれていきます。逆にいつも彼ばかり見ていると彼は逃げてしまうのです。

好きな女性を失うかもしれないというようなかすかな不安を抱くとき、男性は同時に興奮を刺激されるのです。

魅力を持った女性の固定観念で。一つ頭の中から取り去っていただきたいものがあります。そういった魅力を持った女性が優しくない訳ではありません。実は素敵な笑顔と女性らしさを持っています。ただ彼を失うかもしれないという恐怖に駆られて行動しないだけなのです。

魅力をまとった女性とそうでない女性の性格や物腰の面では違いはありませんただ単に態度の悪い女性とも違います。むやみに自分を曲げたりしないそういう女性が男性からは愛されるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛妻家の私が小林麻央さんのことを語ろう

ただただ残念

この一言に尽きます。

やっぱりガンって人を殺してしまうんだなぁって改めて実感しました。

 

私はすでに彼女の年齢を超えていますが、やっぱり人生って死に向かって歩んでいるんだなぁってわかっていながらわかっていなかった。

34歳…本当に本当に若いなぁ。

 

テレビでの小林麻央さん特集が”みられない”私

最近よくニュースや特番などで小林麻央さんの生前の映像が流れていますが、私は見るだけで泣けてきちゃいます。

まともに見られないのです。

映像がものがたる、彼女の可愛さ、可憐さ、純粋さ、私が騙されているのかもしれませんが、本当に本当に美人だと思います。

映像だけでも悲しくなってしまうのですが、特集が”みられない”理由が他にもあるのです。

 

いろいろなコメントをたくさんの方がされているのですが、それがなんか稚拙で煽っているように見えて不快なんです。

マスコミさんが海老蔵さんに投げかけた言葉とかも不快です。

『どんな表情が…』

『今思い出すことは…』

『その時どんなことを感じました』

 

大切な大切なパートナーを失った人に対して失礼というか何というか、ムカつくんです。

聞かなきゃいけない職業であるってわかっているのに、なんかムカつくのです。無理やり感がすごくて…。

 

だから私はこういったものを見ることができないのです。

 

海老蔵さんを見直した

あの暴力事件(受けたほう?)から海老蔵さんの印象はあまり良くありませんでした。報道がいろいろありましたよね。なんか『俺の方が稼いでいる』とか『死ぬまで年収2億円入ってくる』とかいったとか言わなかったとかそんな感じです。

灰皿でお酒を飲ませたとかそういったものもありました。

本当の事なのかどうなのかは知りませんが、それでも印象は良くありませんでした。

 

でも、お酒に酔っていたらそんなことを言うバカはたくさんいます。若気の至りって言葉もありますし、実際私もお酒で失敗したこともありますしね…。

 

それでも嫌なマスコミさんとのコメントには愛しか感じませんでした。

彼の言葉で『真央に変えてもらいました』って言葉があったんですけど、やっぱりそうなんです。伴侶によってどんな感じで人が成長するのか?ってことがわかったんです。

推測ですけど、海老蔵さんは麻央さんとの出会いで変わったのではないかなぁ

 

私も妻に成長させてもらいました。現状に満足していた自分の慢心に気づかされました。やっぱりそういったことって必ずあるはずです。

好きだからこそ、妻からいただけるアドバイスなんて、聞かない旦那がいるとしたら、それは社会でも成長しない馬鹿なんでしょう。

幸いなことに、そんなことを気づかせてくれる女性は必ずいます。私はそれが妻であったことが幸せです。

 

夫婦には夫婦にしかわからないことがたくさんあると思うのですが、はたから見ていてこの夫婦というか真央さんはそんな存在だったに違いありません。

だって最後の言葉が『愛してる』ですよ。そうじゃなきゃそんな言葉にならないはずです。死ぬ前の言葉は確実に真実しか語らないはず。周りにも人がたくさんいたはず。それで嘘を言うような人ではないはず。

だからこそ、この男性を尊敬するし、イメージが悪かった海老蔵さんを見直したのです。

 

不幸な事だけど、どこかで羨ましいと思っている私

私と妻は同じ年齢です。だから統計学的に見ても私が先に死ぬことになるでしょう。んでその時に、最後の時に『愛している』って言えるだろうか??

 

ジジイになってぼけてしまえば無理かもしれません。事故で一瞬で死んでしまえば無理でしょう。

亡くなる間際に『愛している』って言えることは、ある意味幸せな事なんじゃないかなぁって思います。

人が亡くなってしまったので、『良かった』とは言えませんが、最悪だったという事でもない気がしています。

麻央さんは幸せだったんじゃないか?って…。

 

 

なんとなく羨ましく思えるのです。

 

ちなみにドラマのような話ですけど、私の奥様の友人は、旦那さんが通勤中の事故で亡くなりました。本当に突然です。交通事故を起こし1週間後にそのまま亡くなりました。

子供が2歳と0歳の時にです。

もう10年前の話なんですけどこんな方も大勢いるはずです。

 

だから…そう思うのかも。

 

麻央さんが亡くなったことでスグに思い出した曲

一連のニュースや追悼番組を”チラッと”見ていたときに、思い出した曲があります。

あらためて聞くと、なんとなく人生のことを思いなおせるキッカケとなりうる曲です。

 

今までもいい歌だなぁって感じていましたけど、より一層考えさせられるものに思えています。

 

ぜひみなさんも、聞いてみてください。

 

『ぼくが生きる今日は もっと生きたかった誰かの明日かもしれないから~♪』

 


かりゆし58「さよなら」

 

毎日をもっと意欲的に生きようと思いました。最愛の妻に『愛している』との言葉を最後に残し、旅立てる日を夢見て…。

 

 

妻の”スイッチ”を入れるための努力

どんなエロサイトにも、どんな女性指南書にも同じように書かれているのが、女性の性的なスイッチを入れなきゃ感じてくれない(okしてくれない)というものになります。

 

オトコって女性のちょっとしたしぐさを見るだけでスイッチが入りますが、女性はそんなに単純じゃないようです。

 

特に慣れ親しんでしまった関係では、そのスイッチを入れることが難しい。

 

世の旦那様も、これで失敗していることが多いんじゃないかなぁ。もちろん私もかなり苦労しています。

 

普通に誘っても、OK率が非常に低い!!だからこそいろいろなアプローチで試しているのですが、今までOKをもらったスイッチの入れ方を、紹介してみたいと思います。なかなかOKがもらえない世の旦那様の参考にしていただいたら幸いです。

 

  1. プレゼント作戦
  2. 寝起きのキス作戦
  3. 映画作戦
  4. 愚痴聞き作戦

プレゼント作戦

妻にプレゼントなんてこっぱずかしイって方も多いでしょうけど、やっぱり効果があります。

母の日とか結婚記念日とかは定番ですが、私は”もらった”と言いながら様々なものをプレゼントしました。花であるとか、妻が大好きなお酒であるとか、チョコレートであるとかそんなものです。

 

ちょこっとのプレゼントが、妻をその気にさせることがあるのです。

まぁ私の妻の場合でけどね。

 

んで効果があったものとして、子供の誕生日に妻に2000円程度の花と、汚い字で書いた(笑)メッセージカード『カワイイ娘を生んでくれてありがとう』が良かった。

本当にいつも以上のサービスを受けることが出来ました( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

寝起きのキス作戦

私はしたいときにこの手を使います。寝起きなので、その夜のために行動するのです。

ただしこれは夫婦仲が良い時、前日の夜機嫌が良かった時に行います。

 

もちろん妻は平日には絶対に無理な女性。週末限定ですから、金曜日なんかにこれを行います。すると伝わるのか、応じてくれることが多かったのです。

 

だから私は各月に1回(毎回では飽きるでしょ)と決めて実行しています。年に6回程度でしょうか。あくまでチュッとするぐらい。決して欲望をぶつけてはいけません。イトオシイ妻という気持ちを込めて起こす感じ。

 

これはお勧めです。

 

映画作戦

妻は映画が結構好きみたいです。話題なものがあるとレディースデイの1000円の日に見に行きます。友達とだったり、私とだったり、子供とだったりです。

んでスイッチが入るのは、恋愛系の映画を見た時になります。

最近では土屋太鳳ちゃんの映画を見た時に、スイッチが入っていました。どんなものかは私がみていないのでわからないのですが、中学生の娘と映画に行ったその日に誘うとOKが出ました。

 

たぶん映画を見て、奥さんなりに恋愛のドキドキを思い出すことで、スイッチが入ったんじゃなかろうか?って思います。

女性ではないので私にはわかりませんが、女性だって欲はあるのでそうなんじゃないかと…。

 

来週になるのですが、今度はえいが『昼顔』を見に行くそうです。

これはチャンスかもって期待しています。

 

愚痴聞き作戦

女性は共感されたい生き物ってことを聞いたことありますよね。男性の様に”結論”を求めないのです。だから男性にとっては面白くもなんともないだらだらとした会話が続きます。

世の中の男性陣はこれに疲弊してしまうのでしょうけど、私は違います。

 

嫌なことがあったような時には積極的に話を聞くように努力しています。そして決してアドバイスはしません。もっとこうしたらいいんじゃないの?なんて言葉は絶対に使いません。

 

  • そうなんだ~
  • 大変だよね~
  • そりゃそうだよ~
  • その気持ちわかるよ~
  • 私もそう考えるよ

こんな同調するような言葉を使い続けて、どうでもいい話を詳しく聞きます。これをすると確実に機嫌が良くなるのです。

そしてさんざん”聞く”という事のみに集中して機嫌を良くして、信頼感や関係性を高めることで、こちらの要求もすんなり通るようになります。

 

あまり応じてくれない妻対策としては有効だと考えています。嫁の愚痴はチャンスだと捉えてくださいね。

 

まとめ

人それぞれだとは思いますが、必ず妻をその気にさせるスイッチは存在します。毎回同じ反応ではありませんが、うまくいった時のことを分析することで、アナタの妻のスイッチを入れることができるのかもしれません。

 

まぁこれって私の様に、毎回”は”応じてくれない妻への対策ですけどね。いつも応じてくれるような奥様をお持ちの幸せ男性なら、こういった努力は必要ないかもです。

 

十人十色人それぞれで、スイッチは異なります。アナタの奥さんのスイッチはどこか?探求するのも面白いかもです( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

不機嫌な妻の対処法を模索中

f:id:kaccyannmann:20161214102609p:plain

最近かなり妻がご機嫌斜めなようなんです。帰ってきてもなんとなく雰囲気が違う…。

これが起こったのは、月曜日の話になります。

 

朝起きたらなんか不機嫌なんです。子供を叱ってみたり、水筒を洗いながらガチャガチャしたり、ごみを力強く捨てたり、そんな感じでした。

 

んでいつものように茶化してみたんですけど、いつもならグーパンチが飛んでくるのですが、今回はスルーです。無視とまではいかないものの冷ややかな目で私を見てきたんです。

 

なんかしたかなぁ??なんか言ったかなぁ私。正直記憶にありませんでした。それが今日までひきづっている。

 

ご飯を作る手伝いをしても、子供を迎えに行っても、洗濯物をたたんでも、機嫌が直りません。

 

そこで、いつもならばご機嫌ながおる、ダイエットマッサージではない背中の肩こりマッサージを施そうと思って提案してみたのですが、これもスルー。

『しなくていい』ってそっけなくされてしまいました。こんなに長く機嫌が悪かったことが無かったので、たぶん原因は私とのことではなく、会社にあるのかも!?って思っています。

 

たぶん、たぶんですが、妻の機嫌が悪くなったのは、会社の愚痴を私が聞かなかったからだと思うのです。でも聞きたくなかったんですよね。

 

それが原因なんじゃないだろうか?って推測しています。

 

ご飯を作っても、子供たちの送り迎えをすべてやっても、マッサージを提案しても

全部だめでした。

 

ちなみに、毎日行っていたダイエットマッサージは、先週から妻が女の子の日だということで行っていません。たぶん今はやらせてくれないかなぁ。

 

いろいろ模索してみたものの、機嫌が直りそうもないので困っています。やっぱり女性って難しいなぁ。

 

あと試してみるものは、プレゼントとかなんだろうけど、何にも無いのにプレゼントなんてちょっと自然ではないでしょ。だから今週末ショッピングにでも一緒に行ってご機嫌伺いをしようと思っています。

 

たぶん、これで収まるはず、収まるに違いない、と信じて…。

浮気?目撃しちゃったかも…

思い出しただけでもドキドキしています。

 

昨日の話なんですが、娘が友達の誕生日プレゼントを買いたいというので近くのイオンに行きました。

小学6年生の娘の友達という事ですから、父親がすることと言ったらショッピングモールへ連れて行くことしかできませんよね。一緒に選ぶなんてことは出来ないのです。

 

だから私はイオンまで送ってあげて、駐車場で待機していたんです。外は雨でしたから屋上にある屋根付きの駐車場に止めて小一時間車の中でテレビを見ていた時にそれが起こりました。

 

本当にドラマであるようなシーンを目撃しちゃったんです。

 

駐車場で何気なくテレビを見ていたら、前の列の前にプリウスが止まったんですよね。図で書くとこんな感じ。

f:id:kaccyannmann:20170621063302p:plain

プリウスって後ろが狭くてあまり覗けなかったのですけど、明らかにナビが二人の顔で隠れて顔が近くなっていました。

 

たぶんですけどチューです。チューしていたんだと思います。時間は夕方6時半で雨が降っていて外はちょっと暗くなってきたような感じで、さらに屋根付きの駐車場だったこともあり、プリウスのナビが付いていなかったら気づかなかったかも。

 

でも明らかにチューでした。

 

どんな人が出てくるのか??ドキドキワクワクしていたら、なんと出てきたのはまさに私と同年代ぐらいのアラフォーの女性でした。

 

車の中でチューするなんて、若いカップルだろうなぁぐらいにとらえていた私が甘かった。そして考えを改め、これはもしや…( ̄▽ ̄)って思って自分の車の電源を落とし(エンジンはつけていませんでした)ひそかに観察。

 

すると、やっぱりというか、ドラマと一緒というか、女の人が車を降りて、すみっこに止めてある軽自動車に乗り込んだのです。

 

プリウスは女性を下した後に、闇に消えていきました。そして女性の方は、携帯電話をイジイジした後に、3分後ぐらいに消えていきました。

 

ドラマなんかで見たことある光景がまさに私の目の前で起こったのです。

 

これって絶対に浮気でしょ。たぶん間違いないでしょ。だってアラフォーのオンナが別れ際にチューします??付き合っているのでしたら、イオンの駐車場で待ち合わせしますか?たぶん確実だろうなぁって思っています。まぁ真実はわかりませんけどね。

 

でもドキドキしたなぁ。っていうか興奮していました。向こうからは見られていないでしょうけど、ちょっと隠れてみたし(笑)。

 

リアル感が伝わって、興奮してしまいました。もしかしたらそんな趣味が芽生えてしまうかもしれません。

 

んでもって、7時半過ぎに家に帰ってきて、妻に報告。

でも妻は昨日からちょっと機嫌が悪いので、『勘違いじゃないの?』って冷淡な反応。それから私の興奮は妻の冷静な反応が伝わってしまって、なぜか私も落ち着いていってしまったのです。

 

今思い出しただけでも本当にドキドキした体験でした。不倫なのか?出会い系なのか?援助なのか?わからないから面白い。

 

っていうかそろそろ機嫌治してほしいなぁ奥様♡。あそこの駐車場はそういう場所なのかもしれないなぁ。

たまーにこんな気分になる…

夫婦って面倒だなぁって感じることってたまにありますよね。コチラの要求が通らないとか、どうでもいいことに対して詰め寄るとか、小さなことにこだわって相手を攻撃するとか、そんなときです。

 

昨日なんだか知りませんが、妻が不機嫌でした。ちょこっと話をすれば、なんか不平不満を言ってみたり、テレビを見ていて、妻に話しかけられたのでテレビと妻の顔を交互に見ていたら『もぉイイ』って話が止まったり、なんとなく変な感じ。

 

本当にどうでもいい話だったので、適当に聞いていたら怒りに油を注いじゃいました。だって話が面白くないし、不平不満を言われても自分まで機嫌が悪くなってしまうし、そんな話を聞きたいとも思わないのが男性です。

 

言いたいことはわかります。女性は共感してほしいって事でしょ。でもそんな話を聞いてこちらまで気分が悪くなり、そして妻から攻撃されるなんてマジで嫌なんです。

 

昨日は機嫌よく帰ってきた瞬間に会社の愚痴、それと子供たちへの口攻撃。イライラしてんなぁってのが一目瞭然でした。

 

たぶんですがなんかあったんでしょうね。

 

まぁ大人なので話を聞くだけ聞いて、黙ってりゃよかったんですが、だらだらと結論の無い不平不満は聞いているだけで疲れちゃう。

『んでどうしたいの?』と聞いてしまったのが失敗でした。

 

怒って目も合さないようになっちゃいました。

 

んでそんな状況が面白くないので、

『なんだよそれ、自分が不満タラタラ言ってそれを適当に聞いていただけで怒るわけ??』

『んでそれって俺に問題がある話じゃないじゃん』

『なんで俺に怒るの?意味が解らないんだけど…』

『結局俺は不満のはけ口なの??』

 

イラッとしたので、たくさん矢継ぎ早に質問開始。

 

妻『…』

 

もう何も答えなくなっていました。

 

なんかムカ付くなぁ。そして妻は得意の内職三昧。私は10時には寝るので、そのまま気まずい仲で就寝でした。

めんどくせーー

 

めんどくせーー

 

妻のことは好きだけど、たまーにこんな気分になる。

 

はぁ~~めんどくせーー

 

 

 

唯一の救いだったのが、不穏な夫婦仲を心配してか、小1の娘が気遣いをしてくれたこと。

いつもは一人で寝ているのですが、昨日は私の布団に入ってきて一緒に寝ました。

 

可愛すぎるわが娘。でもこの娘も将来は嫁のようになるのでしょう。DNAは嘘つかないですから(笑)

 

 

妻が映画『昼顔』をみたいって言いだした話

ドラマの視聴率が低くなっているというニュースを見たことがあります。若者のドラマ離れって確か書かれていました。

まぁ私も昔から苦手でしたし、恋愛ドラマなんてなんとなく茶番に見えてあまり好きではないのですが、妻は大好きなんです。

 

いろいろなドラマをハードディスクにため込み、暇がちょっとでもあれば見ている。そして初めて始まるドラマはすべて録画。1話だけを見て見続けるかどうかを決めるというドラマ馬鹿です。

若者はドラマ離れしているけど、アラフォーの妻にはそんなことお構いなしのようです。

 

んで最近ですが『昼顔』の映画を見たいって言いだしています。これって確か不倫ドロドロドラマでしたよね。私は見た事無いのですが、妻がみていたのをチラッと見たことがあるぐらいでした。

 

んで、7月1日は映画が安い?日だから見に行きたいんだって。

 

んでどんな映画なのか?ってことが気になったので感想が書かれているページを読んでみました。

gj.hatenablog.jp

 

正直何の知識もない私、感想を読んでも全くイミフ??

何より登場人物の名前すらわからないから、○○が==~~~~ってえ書かれていてもわからないのです。

 

タダ、死んでしまうんだろうなぁ??そして不倫して子供を宿すことで生まれ変わりみたいな結末になるんだろうなぁってぐらいの感じ。

 

まぁよくある展開なのだろう。かなり官能的な感じな映画なんだろうってことがわかりました。

 

んで考えてみると、これはまたとないチャンスかもしれないって思い始めたんです。

 

だってやっぱり女性も、こういうドラマを見れば欲情してしまうだろうし、官能的なシーンを見たら興奮するはずでしょ。ってことは妻も少なからず影響が出てくるはずで、不倫というかなり怪しく魅惑的なものを”疑似体験”することになるので、気分も盛り上がるはず。

 

だから私は、別に興味がないし、ドラマを見たこともないのですが、

『俺も最近映画見ていないから見て見ようかなぁ』って言ってみたんです。もちろんよこしまな目的ですけどね。

 

そしたら妻は

『昼顔は一人で見たいから、アンタはほかの映画見れば…』

だそうです。

これを勝手な解釈を加えてみると

『お前と昼顔って言う官能的な映画を見たくないから、ひとりにしてくれ!お前なんかが好きな単純なドカンアクションでも見ていればいいだろう!』って感じかなぁ??

 

それとも

『独りで楽しみたいから、アンタがいると邪魔。主人公と疑似恋愛したいから、現実的なお前なんかと見たくない』って感じかなぁ?

 

でも、一緒に見れなくても、私が他の映画を見たとしても、妻のスイッチは必ず入るはずです。これをチャンスと捉えないで、何をチャンスというのか?

 

昼顔の映画よ!どんなものか知らないけど、奥様をワクワクドキドキさせてスイッチを入れてくれるほどの官能的な映像を見せてあげてほしい。

そしてあわよくば、そのあとでも私にチャンスを与えてほしい。

 

7月1日が楽しみになってきた(´∀`*)ウフフ。